『異世界に転生したら全裸にされた』読了

表題の通り。読了いたしました。

――まえがき――

親交の深い友人の過激な発言があります。
「異世界ものは氾濫している。法で規制する必要がある」とのことでした。
斬新な意見を持っている友人を誇らしく思います。今後も彼の道を突っ走っていただきたく思います。

――『異世界に転生したら全裸にされた』を読みました!――

さて、今回の読書は『異世界に転生したら全裸にされた』です。
本書は皆さんよくご存じの小説家になろうにて掲載されている作品の一部です。
web版での掲載タイトルは『異世界に転生したら村八分にされた』です。
村八分と表現するより、全裸と表記される方がキャッチーではありますね。「村八分」という文言を聞いたときに、「お? 面白そうだな。買ってみようかな!」とはならない。これが「全裸」であれば、「村八分」よりすがすがしさを感じます。清涼な息吹のようなさわやかさですね。
ここで、本の表紙を確認していただきましょう。
rotated-001-1

あい、どうですか。勝気な巨乳が前面に出ていますからね。別に彼女が全裸になることを期待しているわけではないのですよ。西向くは紳士ですからね。そういった期待は全然ないのです。

――【西向く侍の異世界ものの読書経験】――

まさらおの万葉部屋

2011年に更新が停止してしまい、続きを読むことができなくなっている作品です。完結の約束がされない物語をおすすめできない。だけど、あの時私はこの2007年の作品の更新から2011年の更新停止までは4年間は更新がワクワクしていたのを覚えています。
主人公は男子学生であり、男の子の心をくすぐるような成功体験が満載の面白小説でした。
作者は不詳であり、更新の無期限停止となっているところです。残念で仕方がありません。

白夜城青色吐息

自分が小学生高学年を過ぎて、ブラウジングをするようになってからネット小説を読み漁るようになっていました。その際に見つけた小説です。
ことごとく小説の主人公が少女でした。少年である西向くは新鮮な気持ちで読み進めていたところです。イケメンに迫られているときはドキドキすることもございました。西向くの少年期の少女漫画への突入のきっかけになったような作品です。
女を落とすにはこうあるべきなのか! という間違った価値観を植え付けてくれた作品でもあります。
ここに挙げた2作品はどちらも異世界転生ものです。比較的早い時期から手掛けられていた作品のように思うところです。
というか、実はまともに読んだことがあるのはここの2作だけです。

 

――感想!――

  全裸

これ以上の言葉はありません。
むしろ言葉を尽くすのが問題であるように思うのです。この言葉に興味を持った方は黙ってこの書籍を買って読んでください。
こちらは書籍でございますから一応の区切りはございます。おすすめする一冊とします。

――作品の魅力――

度重なる主人公のバイト経験から繰り出される成功体験の数々。与えられる嫁。適度に補給されるようじょ成分。時々発揮される男前。そして全裸。
以上

――目指せ千冊――

ハイファンタジー(1冊読了)
ローファンタジー(2冊読了)←1冊増!
SF(3冊読了)

Leave a Comment