パターン6:行きて帰りし物語

 先日焼肉パーティをしました。皆で肉を持ち寄ると言いながら、全然肉を持ってこない友人達に完敗でした。

 かくいう私も全然肉を用意していないという体たらく、似たような考えの他力本願の人物がみな集まっております。

 類は友を呼ぶとはこういうことを言うのだと思いました。

 西向く侍です。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 以前に紹介した本のパターンに沿って、それぞれの梗概を作成していくという企画の6本目です。

 100本のうち6本目です。ここまで来たのならば、よくぞ来たものだと自分をほめてやりたい気分です。

 今までの記事はこちらです。

 こちら→ 梗概100本!

 パターン6の概要はこちら!

 こちら『図解でわかる!エンタメ小説を書きたい人のための黄金パターン100』 

006_生きて帰りし物語-crop 

 出典:榎本秋(2011).『図解でわかる!エンタメ小説を書きたい人のための黄金パターン100』株式会社アスペクト

 西向くが考える「行きて帰りし物語」を魅力に感じる理由 

 なぜ、この生きて帰りし物語が児童文学、おとぎ話、神話においての定型化されたパターンとなっているのか。

 いろいろ考えながら、西向くが思いつくのは人類の生活形態にあると思います。

 基本的には狩猟民族から農耕民族への移行に伴い爆発的な人口増加。大規模農業を行う上では、人は人の集落の間で暮らすことが発展の理由だったのです。

 人は人の間から生まれます。そして、生まれる場所は必然的に「こちら」であるのです。

 それは一定の集落で生きていることでしょう。

 もしも、これが野生の熊のように発情期の時期だけつがいになり、子を成すような生き方をしている社会であれば神話の歴史は少しばかり違ったでしょう。「こちら」は存在しない。ただ生まれた場所というだけでしょう。一定の範囲をうろついて、狩場を求める生活。常に動き続ける。常に強くあり、常に精強で、常にたくましい者が生き抜く。そして、それは個の強さをたたえる物語でしょう。「こちら」に戻る必要はない。そこは衰えた狩場だからです。

 「こちら」は主人公が生まれた場所、もしくは帰属する社会集団。

 「あちら」は主人公以外の社会集団ないしは開拓されていない土地。

 なぜ、物語では「あちら」に向かう必要性があるのでしょうか。模範的な意味合いも込められていたこのパターンはある種の理想なのだと思います。

 「こちら」の集落を発展させるために100人いる村人の中でもたった1人の英雄で構いません。そいつが旅に出て、何かを持ち帰りさらなる発展を望むのです。

 人的資源の投資みたいなものと考えてよいのだと思います。そして、リターンがない場合はもう一度誰かを英雄に仕立て上げ、外の世界へ送り出す。

 誰かの挑戦を犠牲に、集落の発展を望む。もしくは自己犠牲を求めて。

 私たちの社会はそれを素敵な物語とたたえるのでしょう。

 私は99人の凡人でありたいですがね。物語の中では1人の英雄になりたいのです。

 なりたいから、この物語を好むのでしょう。

 さて、次は西向くの梗概です。

 西向くの梗概(オリジナルストーリだよ!)

 タイトル:つままぎ!

 モルは旅に出た。

 先日まで彼自身が末の息子であり、順当に行けば家督を継ぐのは彼であった。しかし、先日弟が生まれたことをきっかけに旅に出ることを決意した。

 その旨を父に相談をすると「跡取り息子は末の子と決めてはいるが、いかんせんあいつは未だ乳飲み子だから無事に育つかもわからない。産まれたての昨日の今日で出ていくのを決めるというのはどうだろう?」なんて、言い方だけども出ていくんじゃない。というのがありありとわかる。

 モルはうんざりとした気持ちで、父に訊く。

「じゃあ、僕の嫁は用意できるの?」

「・・・井戸番のところの」

「あいつは長男にと言われているじゃん」

「門番のところの」

「あれは次男にじゃ」

「・・・・・・」

 嫁がいない。年頃の娘は他のところに行くことが決まっている。

「水車番のところに生まれたあの子はどうじゃ?」

「先週産まれたばかりじゃ!」

 モルは嫁を探しに旅に出た。

 あの家にいてもロクなことにはならない。

 長男と次男の結納金を用意するので手一杯だ。妹も2人いる。持参金もいくらか必要になる。もしかしたら、金が惜しくなり妹を嫁に取れなどと言いかねない。そんな親父であるから家を出た。村の若者の数が少ない。男の方が余っている。多くの女が欲しい。かといって、道行く旅人をさらうわけにもならん。女を求めて旅に出た。

 モルは父親譲りの頑健な身体と、母親譲りの聡明な頭を受け継いだ。これが逆の方であれば旅に出ようなどとは思わなかっただろう。

 旅に出ることについても、父は反対していたが母は賛成していた。

 しかし、このことをモルに約束させた。

「嫁を見つけたら必ず連れて帰ること。町株でも買って、そこに住むことは許しません。必ずここに帰ってきなさい。食べるだけならば、この村はどこよりも恵まれています。お前だ誰か女を連れて帰っても十分に暮らしていけます。必ず村に女を連れてきなさい」

 これは嫁取修行です。

 そのように言われた。

 嫁を取るのに必要なのは結納金だ。割りの良い仕事をしないといけない。

 仕事を探しに町へ下りた。村は東の高原だった。年中過ごしやすい場所だった。

 ふもとがこんなに暑いとは知らなかった。村のサウナみたいな暑さがずっと続いた。この暑さが原因で嫁探しを断念もしようかと考えたものだった。

 

 色々と人伝えに町を訪ね歩いた。

 食べることに苦労はしなかった。モルにとって食材は買うものではなくて、採るものだったから。森に行けばなんとかなった。町の者からは野人と呼ばれた。モルとしては心外である。

 村で暮らしていた時と同じような生活ぶりとなっていた。

 山で獣をとり、それを売りさばく。

 町人は牛や豚、鶏は食べるが野鳥や熊、鹿、イノシシ等は食べる機会がないようで、もっていけばそれなりの金子と交換してくれた。

 肉屋の主人から訊ねられた。

「野人さんはどこから来たんだ? なぜ、ここら辺に住んでる?」

 町の者はモルを野人さんと呼ぶ。

「東からやってきた。嫁を取りたくて人が多い町に来たけども、うまくいかない」

「嫁を? あんた、あんな根無し草のような生活をしていたらうまくいかないだろう」

「・・・そうは言っても、肉屋さんにおろしている金で結納金はいくらかたまってきた」

「まあねぇ。ああいった珍しい肉は卸してくれる狩人は今はいないから。野人さんだけが頼みだったりするよ。熊を食べるなんていうのは驚きだったよ。まあでも、野人さんを見れば納得だ。あんたなら熊でも殺せるし、頭も切れる」

「でも、嫁は来ない」

 二人でげらげら笑いながら、別れた。

 定宿としている酒場の主人にいくらか金を渡して、しばらくの家賃とした。

「野人さん。今日は何が食べたいね?」

「豚が食べたい」

 モルは豚肉が好物で、村を出てからは食べたことがない肉であった。好んでそれを食べるようになった。

 出された昼膳をたいらげたころ、皿を下げた時に主人が訊く。

「野人さんは嫁探しに町までやってきたってことだったけどさ。女を抱いたことはあるのか?」

「ない」

「抱いてみないか?」

「抱きたい! しかし、嫁じゃない女を抱くことはできるのか?」

「金があれば抱ける」

 モルにとっては目から鱗であった。普段懇意にしている主人がこのような提案をしてくるのだ。町に来て、右も左もわからぬようなモルを面倒見てくれた主人である。嘘をいうはずがあるまい。

 嫁以外の女を抱けるというのはものの道理ではないと考えていた。考えていたが、実際その段になれば抱けるものである。

 なんてことはない。宿屋の給仕女であった。

 やることを済ませた後に訊いてみた。これも仕事なのか?

「いいや。ちょっとした小遣い稼ぎだよ。客は選ぶ。あたしの好みの男がいればこういう小遣い稼ぎをすることもあるさ」

 なぜ、お金を?

「持参金をたくさん持って、嫁に行きたいんだよ。それにこの町は性病専門の医者が常駐をしているから安心なのよ。酒場の主人も了承しての客取だしね。町での客引きみたいなことは怖くてできないよ」

 ここに利害が一致した二人がいた。嫁に欲しい男と嫁になりたい女がここにいた。

 お前のような「嫁になりたい女」はたくさんおるのだろうか?

「おるよ。独りだけで生きていくには寂しい世の中だ。誰かと寄り添いたい。あたしの友達はそういう奴らが多いよ」

 町の娼館に行き、地元に連れ帰る嫁を求めて募集を掛けた。

 思いのほか人が集まった。町医者のお墨付きの証明書を振りかざして嫁希望の女たちを引き連れてモルは村へ帰った。

 モルは給仕女を嫁に迎え、東の高原で多くの子供に囲まれて暮らした。

 うーん!

 微妙!

 モルに対してもっと意地悪になれればよかったですね。旅立ちの障害。町での疎外感。そういったものを綺麗に描かないといけなかった。理想しかここにはない。

 いけない! 今度作るときはもう少しばかり考えないといけませんね。

 次のパターンは「信念・信仰の崩壊と再生」です。

 次もよろしくお願いします!

Leave a Comment